新築の分譲マンションの購入における注意点

数年後の支払額まで想定して余裕のある資金計画を立てておくことが大切です。

分譲マンションを購入する際に、新築の物件か中古の物件かという選択肢も出てきます。
新築マンションと中古マンションでは、それぞれメリットもデメリットも違ってきます。
そこで分譲マンションを購入するにあたって、新築マンションを選択した時のメリットとデメリット、そして新築マンションを購入する際の注意点について、ここでは紹介したいと思います。

まず新築マンションのメリットですが、何と言っても新しくて綺麗というのが一番のメリットです。
全てにおいて新品なので、当然清潔感があるだけでなく独占欲や達成感などを満たす大きなポイントにもなります。
さらに最新の設備や機能を搭載しているので、便利で快適な生活を送る事が出来るのです。
また金銭的な面では、物件の条件によっては固定資産税や都市計画税などの税金の軽減があるほか管理費や修繕積立金も最初の数年間は安く設定されているためそう言った面での金銭的負担が軽減できます。

しかしその一方、当然デメリットもあります。
一番大きなデメリットは、やはり価格が高いという事です。
新築なのだから高いのは仕方が無いとはわかっていても、その分月々の支払いが厳しくなって生活が苦しくなってしまうというケースもあります。
また数年後に固定資産税や都市計画税、修繕積立金などが大幅に増額されて突然支払いが難しくなるという事態を招いてしまうケースもあります。

そして次に、マンションの住民について調べにくいというデメリットもあります。
新築マンションでは皆が同じ時期に購入を始めるので、隣に住む人がどんな人かを知ることができません。
そうなると自分とタイプや考え方が合わない人物が住むという可能性を回避できないのです。
ですからそこでトラブルが起こりやすくなったりという不安が出てきてしまいます。

そこでこれらのデメリットを踏まえたうえで、様々な点に注意してマンション購入を進めていく事が重要になるのです。
具体的な注意点としては、まず各種税金や修繕積立金は増額するという事をきちんと把握しておくということです。
そのうえで数年後の月々の支払額まで想定して、いざ増額になった時に焦ってしまわない様に余裕のある資金計画を立てておくことが大切なのです。

たとえば住宅ローンの月々の支払額をあらかじめ低く設定しておくということや増額になるまでの数年間に出産を終わらせて、増額に合わせて夫婦で共働きをするなどの細かい計画を立ててから購入に臨む事が好ましいのです。

また近隣間においては、どんな人が隣人になるかは知る方法が少ないですが不動産会社に問い合わせれば、少なくともどんな家庭が購入を検討しているかを知ることはできます。
少ない情報とはいえ、何か有効な情報が得られるかもしれませんのでできるだけ情報を集めて、なるべくトラブルが起こりにくい家庭と隣人になる事を選んでおくのも有効です。

このように新築マンションを購入する際には、きちんととデメリットとも向き合って購入を決めるということが、快適なマンション生活を送る上で重要になってくるのです。