セキュリティーのチェックが分譲マンションの購入では欠かせない!

実はオートロックというのは意外に簡単に入られてしまうものです。

分譲マンションといえば一番のメリットといっても過言ではないのがセキュリティの高さです。
一軒家に比べてオートロックや防犯カメラなどの設備が充実していたり管理人が常在していたりと、犯罪が起こりにくい環境が整っています。

しかし、マンションだから犯罪が全く起きないというわけではありません。
マンションだからセキュリティが高いと言って安心しきっていてはのちのち大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるのです。

そこで分譲マンションにおけるセキュリティとは何か、また購入しようとしているマンションのセキュリティ事情などを購入前にきちんと調べて把握しておかなければいけないという注意点があるのです。
まずマンションにおけるセキュリティの高さの理由として、オートロックなどの設備が挙げられます。
オートロックとは住民以外の人物が勝手にマンション内に入れない様に鍵や暗証番号などでしか開錠できないドアの事です。
これがあれば当然不審者も簡単にはマンション内に侵入できない上に営業マンや勧誘などを行っている人物も中には入れないため安全で快適な生活を送る事が出来るのです。

しかしこのオートロックを完全に信じ切ってはいけません。
実はオートロックというのは意外に簡単に入られてしまうのです。
その方法として一番多いのが、住民と一緒に入ってきてしまうパターンです。
マンションというのは規模が大きければ大きいほど、住民同士の関わり合いが薄くなります。
ですから全ての部屋の住人を把握することが難しくなるのです。

そうすると実際には住民でなくても、あたかも住民のふりをして一緒に入って来られると見分けがつかない場合が多いのです。
ですからオートロックを完全に信頼するのではなく、あくまで犯罪防止をサポートするだけだと考えておいた方が無難です。

さらに防犯カメラ等の設備ですが、これも犯罪抑止力にはなっていますがカメラがあるからと言って犯罪が起こらないわけではありません。
むしろ犯罪が起こってから活躍するアイテムですので、これがあれば安心というわけではないのです。
それではどういったマンションがセキュリティが高いと言えるのでしょうか。

それは人の目が多いマンションです。
犯罪者はとにかく人目を避けたがります。
ですから人の目が多いマンションはターゲットにされにくいのです。

たとえば管理人が24時間毎日常在しているマンションなどは、非常にセキュリティに優れていると言えます。
また各階の廊下やエレベーターホールが外部から見える構造や建てられている場所が、人通りが多く夜間でも人の目があるようなマンションなど様々な立地条件もセキュリティに関係してくるのです。

このように分譲マンションのセキュリティとは、ただ単に設備だけでなく様々な方面から検証する事が大切なのです。
ですから分譲マンションを購入する際には、これらを踏まえたうえでセキュリティについてじっくりと慎重に考える事が安全なマンションを選ぶポイントなのです。