新築でも中古でも分譲マンション購入の注意点は?

営業マンの言うことを全て鵜呑みにして、良い面だけを見て購入する事も大きなトラブルの元となります。このサイトの注意点を参考にして下さい。

最近、都心部を中心に人気が出てきている住居形態が分譲マンションです。
その為、自宅として購入する人はもちろん、不動産投資として購入する人も増えてきているようです。

そもそも分譲マンションとは何なのでしょうか。
マンションには大きく分けて賃貸と分譲があります。

賃貸マンションとはその名の通り、家賃を払って部屋を借りているマンションの事です。
借りているということは、当然持ち主は別の人物になるわけなので、住んではいても自分の持ち物ではないということになります。

そのため家主に家賃を払うだけでなく、部屋の内装を変えたり部屋の間取りを変えたり、また壁紙やふすまなどに細工をすることなども細かく禁じられています。
しかし自分の持ち物ではないということは、当然財産にはならないというわけで税金などの対象外になっていて、固定資産税や都市計画税などを支払う必要がありません。

それに対して分譲マンションは、一部屋まるごとを購入するマンションの事です。
購入した部屋は当然自分のものとなりますので、部屋の中の間取りや内装は自由に変える事が出来ます。
もちろん壁にどれだけ穴を開けようと、落書きしようと自由なのです。

しかし購入したのはマンションの一室にすぎないので、エントランスやエレベーターなどは共有スペースと言って、他の部屋に住む住人との共用部分になります。
ですから使用するためには管理費等を払う必要があり、さらに共有部分を改装したり修理したりするためには、管理会社や管理組合との合意が必要になります。
また外壁やバルコニーも共有部分に当たるため、勝手に改装したりすることはできません。

このように一室を購入して居住する形態のを、分譲マンションというのです。
分譲マンションは一部屋と、他の住人と均等に割った土地の所有権を持っている為、当然財産の一つとして扱われ、課税の対象になります。
分譲マンションが建てられる場所は主に都心が多く、外観や内装などのデザイン性が高いことから若い人たちを中心に人気を集めています。
その他にも交通の便がいい事や、通勤に便利な事、セキュリティの高さや、住棟内の交流など様々なメリットが人気を呼んで最近購入する人がとても増えてきているのです。

しかしその人気に流されて、分譲マンション購入の注意点をよく調べずに軽い気持ちで購入してしまうと、後々大きなトラブルを引き起こしたり、最悪の場合売却する羽目になったりという事が起こってしまいます。

また不動産会社の営業マンはメリットになることしか話しません。注意点は教えてくれないのです。
営業マンの言う事を全て鵜呑みにして、良い面だけを見て購入する事も大きなトラブルの元です。
それを防ぐためには、実は気をつけなければいけない注意点が沢山あるのです。

価格や住宅ローンについてや税金の事はもちろん、周辺環境やご近所トラブルなど様々な注意点についてこのサイトでいくつか紹介していきたいと思います。

また分譲マンションには新築と中古という違いもあります。
新築マンションと中古マンションには当然それぞれのメリット・デメリットが存在します。
ですからそれぞれの特徴をきちんと把握して、良い面・悪い面両方をきちんと理解したうえで購入する事が大切なのです。
その事を踏まえ、新築マンションを購入する時の注意点と、中古マンションを購入する時の注意点についてもサイト内で詳しく紹介していくたいと思います。

誰もが最適なマンション購入ができるように、分譲マンション購入についてきちんとした知識を持って臨む事が大切なのです。
是非このサイトで詳しい知識を得て、失敗のないマンション購入ができるように学んでいきましょう。